よくあるニキビ治療への質問

バナー

よくあるニキビ治療への質問

皮膚科などで行っているニキビ治療法として、赤外線やレーザーを使用した方法があります。


赤外線を使用した方法では、ニキビのできている患部に赤外線を照射して、ニキビ痕のコラーゲンから成る繊維を緩くして再編成をさせることで、ニキビ痕などを治療していきます。


レーザーを使用した方法では、患部にレーザーを照射して、ニキビ痕などを治療していきます。

一度に治療できる範囲が限られているため、赤外線を使用したり、面皰圧出などをおこなってからレーザーを照射する場合もあります。

また、レーザーには、メラニンやヘモグロビンなどの肌トラブルになっている部分に反応するレーザーや、水分に反応するレーザーを使用したりといくつかの種類に分かれます。ニキビの種類で分けると、赤味のあるタイプでは、赤い色素に反応するレーザーを使用して赤味を薄くしていく方法や茶色の色素沈着になっている場合には、メラニン色素を破壊するレーザーなどを使用します。

また、クレーターになっている場合には、皮膚の水分に反応するレーザーを使用して、皮膚細胞に含まれた水分を瞬時に破壊して、でこぼこやへこみを目立ちにくくする方法があります。

レーザーのメリットは、施術時間が短く、しっかりと効果を実感できることにあります。


一方で、レーザー治療による色素沈着も少なくありません。


レーザー治療による色素沈着は、そのほとんどが一過性のものとなっていますので、肌のターンオーバーやセルフケアで薄くしていくことが出来ます。色素沈着をしやすい方としては、色黒の方や、日焼け肌の方は炎症性色素沈着を起こしやすい傾向にあります。
レーザー治療を行う時には、紫外線対策をきちんと行って、肌を守ってあげることで大きなトラブルを避けることが出来ます。

レーザー治療などは、クリニックで行うことが出来ますが、ニキビ治療で行う投薬などは健康保険の適用となりますが、レーザーでは健康保険の適用が出来ません。

ニキビ、ニキビ跡を治療する皮膚科