ニキビ治療のこれからの変化

バナー

ニキビ治療のこれからの変化

今回のテーマは自宅でできるニキビの治療法です。
まずニキビとは顔の表面に赤い斑点が表れる皮膚の疾患の1つです。

そしてニキビが発生する原因とは肌の中には目には見えないですが何種類もの菌が存在して、その菌の中にアクネ菌と呼ばれる細菌がいるのです。

この菌は普段は皮膚を潤すのと体内の体温の調節を担う汗を分泌する汗腺の中に生息をしています。

この菌は汗を分解しその栄養を糧に増殖をする生態を持っていますが、この菌が一定の量なら表面に汗が出し続けて体温が下がり過ぎないように調節をしてくれる役割があるのです。

しかしそのバランスが崩れて増殖が多くなってしまうと皮膚の中で汗を分解する酵素によって菌が死滅しそれが蓄積すると皮膚の中にそれが老廃物として溜まっていき炎症となってしまうのです。
これがニキビの正体なのですが、このバランスが崩れてしまう原因というのは思春期の場合は体の成長と変化によるバランスの崩れなので一定の期間が過ぎれば自然と治癒します。

しかしそれを過ぎてもニキビとなってしまう原因というのは現代病とも呼べる生活習慣の乱れによる代謝の衰えが原因であるのです。

この代謝というのは常に人が生きていく上で無意識に行っている物です。

そのためこの代謝の流れが悪くなると顔だけでなく全身にも影響が出るのでしっかりと治療しなければならないのです。


ではそのニキビの治療にはどのような事を行うといいのかに入ります。


まずニキビの治療は肌の調子を整える事です。まずニキビが出来かけの時期というのは先に言ったアクネ菌の増殖が増えバランスが崩れているので肌にやさしいアルカリ性の洗顔料で余分な菌を1日に2回行います。
そして生活習慣においての治療とはまず生活習慣に置いて食事のバランスを整える事です。

特に脂分の多い食事を摂る事を少なくし代わりに肌の代謝に役に立つ果物や野菜に含まれている食物繊維とビタミンのCとEとAを常に摂取することを肌から消えるまで続けます。

肌というのは体の調子をいち早く教えてくれる第2の心臓と呼ばれるぐらい大事な器官です。

そしてニキビというのはその体のバランスが崩れているという信号を喰っているという事なので、この信号を見逃さずに自宅で治療することをお勧めします。