ニキビ治療が注目される理由について

バナー

ニキビ治療が注目される理由について

ニキビ治療に使用されるレーザーにはいくつかの種類があります。
ポピュラーとなっている方法は、CO2レーザーともよばれる、炭酸ガスレーザーになります。

炭酸ガスのレーザーの力で肌の表面を削り取るため、肌表面のでこぼことしたニキビ痕はもちろんいぼなどにも応用されています。


肌表面を削るため、効果が高い反面、刺激を感じる方も少なくありません。

次に、ヤグレーザーがあります。

こちらも主にニキビ痕のでこぼこに使用されていますが、メラニン色素に反応するため、色素沈着やほくろの治療にも使用されています。また近年では、皮膚へのダメージを抑えることが出来るQスイッチヤグレーザーがあります。

施術時間は15から30分程度で、冷却しながらレーザーの照射が可能なため、大きなダウンタイムを必要としません。

皮膚の再生力を向上させる効果があるため、深刻な症状を抱えている場合に用いられるのが、フラクショナルレーザーです。

フラクショナルレーザーを使用した治療では、ダウンタイムを必要とするため、数日間はメイクが出来ない場合があります。


肌再生のひとつとなる、コラーゲン生成を促して、皮脂腺を破壊するレーザーはスムースビームレーザーとなります。

スムースビームレーザーは、皮脂の分泌を抑制する作用があるため、ニキビ治療だけではなく、毛穴治療にも用いられます。

Vスターレーザーとも呼ばれる、Vビームレーザーは赤味のあるニキビやニキビ痕に用いられるレーザーになります。

ニキビ治療に用いられるレーザーは、ニキビのみでなく、そのほかの症状にも使用されている安全性の高いものとなっています。

しかし、レーザー治療を受けられない方の要件がいくつかあります。

レーザーを受けることが出来ない方は、光過敏症の方や、妊娠中、または妊娠の可能性がある方となります。

それ以外でも、レチノインを使用していた方や、肌が敏感な方、病気治療中の方やしみのある方などは、事前に相談をして、治療を受けられるか確認する必要があります。