ニキビ治療といえばこちらのサイトです

バナー

ニキビ治療といえばこちらのサイトです

ニキビ治療には薬を塗るような方法以外の外的な治療法として、レーザーや光を使用した治療法があります。
光もレーザーも特定のものへ反応する波長の光を使用して、ニキビやニキビ痕を治療していく機械です。

レーザーと光を比較した場合、レーザーは、ひとつの波長の光を患部へ照射することで、治療を行う方法です。

症状に合わせたレーザーの種類が必要で、適したレーザーを使用する必要があります。

光は波長が広範囲で、顔などの広い範囲も一度で施術することが可能となっています。

また、レーザーよりも光の出力が小さいため、麻酔が必要なほどの痛みになることはありません。

しかし、その出力の小ささは効果に反映してしまうため、1回の施術で大きな効果を感じることは難しいと言えます。
光を使用したニキビ痕治療の多くは、施術後1か月ほど期間を開けて、次の施術を行い、目安としては5回から6回の施術を行う必要があります。

治療時間を比較すると、レーザーの場合には、1回の施術時間は10から20分、光の場合には1回の施術時間は20から30分程度と大きな差はありません。どちらも肌にかかるダメージは大きくありませんが、レーザーを使用した場合には、レーザーを照射した部分に色素沈着ができる炎症性色素沈着を起こす可能性があります。

また、光を使用した治療の場合は、気になるニキビ痕だけではなく、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す細胞にも作用するため、肌の活性化にもつなげることができます。ダウンタイムを比較すると、光を使用した場合には、ほてりを感じる方もいますが、ダウンタイムはほとんど必要としませんので、施術後のすぐにメイクをすることも可能です。

レーザーの場合には、施術後数日はガーゼなどを使用して患部を保護したりする必要が出てきますので、ダウンタイムの少なさは光の方が上と言えます。

どちらの方法も、きれいな肌への影響は少なく、トラブルとなっているニキビ痕などを治療していく方法となっています。